運命の1着で結婚式をあげよう!!ドレス選びがスムーズに進む3つの方法

華やかでカラフルなウェディングドレス。結婚式では、どれを着ようか迷ってしまいますよね。しかしあまり時間をかけてしまっては、着たいドレスの予約が取れなかった、なんてことも起こります。お気に入りのドレスで式当日を迎えられるよう、簡単な3ステップで運命の1着を見つけましょう!!

画像
1. まずは、なりたい花嫁像をイメージ
たくさんの素敵なウェディングドレス。お気に入りの1着を見つけるには、まずドレス姿の自分をリアルに想像することから始めます。自分のなりたい花嫁姿は、どんなイメージでしょうか?イメージを掴みやすくするため、おすすめの3つの方法をご紹介します。

1つ目は、ラインや素材、オーダーメイドなど、ドレスのタイプからイメージする方法です。ドレスのシルエットや素材に注目して探していきます。

■ ドレスのラインからイメージする
ラインとは、ドレスのシルエットのことで、スカートが膨らんだプリンセスラインや、ハイウエストのエンパイアライン、すっきりとしたAラインやマーメイドなどを指します。

■ 素材からイメージする
光沢のあるシルクは上品で清楚な印象、ふんわりしたオーガンジーは、女性らしく可愛らしい印象…など、素材も全体の雰囲気を左右します。

■ オーダーメイドからイメージする
素材やデザインアドをオリジナルで一から作るフルオーダー、サンプルドレスを基本にアレンジするセミオーダーの2つがあります。

2つ目は、ブランドやデザイナーからイメージする方法です。近頃は、有名デザイナーがデザインしたものの他、芸能人がプロデュースしたものなど、多くのブランドがあります。価格帯もピンキリなので、予算も合わせて検討をしましょう。

■ インポート:流行に敏感なオシャレな花嫁さんの間で最近人気なのが、海外のドレスブランドです。海外セレブのお気に入りや、SNSで世界の花嫁姿がアップされているドレスに憧れて、それを着る人も増えています。

■ アトリエ系:ドレスデザイナーが一人一人の要望に沿って、ドレスをデザインし、丁寧に縫い上げて仕立てるのが、アトリエ系ドレスショップ。自分だけの1着を求める個性派の花嫁におすすめです。

3つ目は、式のイメージを先に考える方法です。会場のイメージを先に決めて、会場や式のイメージを軸に、ドレスを決めていきます。会場によって向き不向きなドレスもあるので、その点も考慮して選びましょう。

■ レストランウェディングやガーデンウエディングなど、ナチュラルな雰囲気の式には、エンパイアラインやAラインなどボリュームを抑えた自然体で動きやすいドレスがおすすめです。

■ シックな内装の大人っぽさが似合うホテルや、ラグジュアリーな会場には、落ち着いた雰囲気のドレスが似合います。ラインはスレンダーラインやAラインで上品な女性を演出するのがおすすめです。

■ 白いチャペルやプールのある会場、お城のような会場では、レースやフリル、花モチーフなどがついたドレスでキュートな花嫁姿がおすすめです。

■ 内装が凝っていたりガーデンなど自然が多い会場なら、ドレスはシンプルに。シンプルなものはアレンジもしやすいので、おすすめです。

■ 人と違う個性的な挙式スタイルや会場なら、流行の最先端を行くモードなドレスがおすすめです。

2. 実際にドレスを探し始めましょう
着たいドレスや花嫁姿のイメージができたら、実際に探し始めます。どんなドレスを着たいのかによって、探し方や優先順位を決めていきましょう。

■ 憧れのブランドドレスを着たいなら、「ドレス優先で動く」
結婚式や披露宴の会場によっては、「提携以外のショップドレスは着用できない」ということもあります。どうしても着たいブランドのドレスがある場合、会場より先にドレスを決めましょう。そして、持ち込みについて確認しながら会場見学を進めていきます。

■ 人気のドレスを着たいなら、「先手必勝」
人気のドレスは、早く決めないとすぐに予約で埋まってしまいます。着たいドレスのイメージを固めて、1年前から探し出すとほぼ予約が取れるようです。

■ 式の雰囲気にあったドレスを着たいなら「同時進行」
会場にマッチしたドレスを着るには、会場で着るドレスのイメージが固まっていることが大切。会場探しとドレス選びは同時進行で行います。「この会場に、このドレスは合うかな?」と考えながら選ぶのがポイントです。

3. たくさん試着する
ウェディングドレスを試着してみて「実際に着てみると写真とは雰囲気が違った」と感じる女性は多いようです。そのため、早い時期からたくさんのドレスを着て確認しましょう。また、試着予約は混雑することもあるので、早めに日程を決めると安心です。

可愛くて華やかなドレス選びをしている時間は、とても楽しいですよね。選びきれない程のドレスがあるからこそ、できるだけポイントを絞って選ぶことが大切です。結婚式までの時間を、恋人と一緒に楽しみたいですね。
指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備