Q:鋳造って何ですか?

Q:ホームページで見かける鋳造とは何でしょうか?
 
鋳造とは、モデリングワックスで形成したデザインを鋳型で象りそれを熱しワックスを溶かし
デザインと同じ形状の空洞が出来上がります
 
そこに、プラチナなどの貴金属地金を注入して指輪などの形にする作業を言います。
 
純プラチナ溶解の写真を元に紹介いたします。
専用の純プラチナ坩堝に地金を入れてから
高周波溶解をしていきます。
 
このとき温度は2000度ほどの高温になります。
この溶解時は真空で溶解し酸素が一切ない状態です。
 
その後カンと呼ぶフラスコに流し込みます。
このときに不活性ガスを使い一切酸素に触れないまま
ガスの圧力で地金を押し込みます。
 
プラチナは、湯口と言われる押し込み口に塊となり
その塊が押し湯と呼ばれる。
 
これは、圧をかけるために必要な重りとしてのの役割を果たします。
 
そのような工程を重ねていき仕上げ作業に取り掛かっていきます。
 
又埋没材には、ゴールド用とシリカを使われるプラチナ用があります。
 
ゴールド用では自発熱により埋没材を固めるのに対して、
プラチナ用は脱水しで水分を抜き出すことで埋没材を固めます。
更にプラチナに関しては900度になることで硬化が始まります。
900度では2時間程度係留をして、一定温度をデジタル温度計で保留します。
 
 
メンテナンス
技術的なこと
相談について
知識と知恵