福岡でサイズ直しをする時、当然ジュエリーショップに行かれると思います。


アトリエでは断られて諦めていたようなサイズ直しを何度といたしました。 例えば絶対に無理と思えるようなサイズ直し、又何店舗も回っても断られたようなサイズ直しなど

特にサイズ直しではシルバー素材がお断りされるとこも多く、その中でもシルバーの共付けをしている事は大変少なく思います。


今回紹介するのは指輪を付けた時に手のひら側にもデザインがあるタイプです デザインが入っていると両方カットサイズ直しをします このようにデザインが入っていると両方カットしないと中心がずれてしまいます。 それでは、こちらの指輪をどのようにサイズ変更していくのかを紹介します サイズ直しどのようにサイズ変更 サイズ直し左右で3.5号カット 左右カットします。 例えば今回では7号小さくだったので左右で3.5号カットしています。 ひとまず片方を取り付けます サイズ直し片方を取り付け それから溶接です 先ずノコで切ります サイズ直しノコで切ります そしてVカット このV字カットで芯まで溶接します。 サイズ直し芯まで溶接 これは、Vというのはカットした時に見える形がV字に見えるからです。 これがそのV字です サイズ直しV字カット これから溶接です 溶接した感じです サイズ直し溶接した感じ もう一度溶接を繰り返します。 これも溶接です。 サイズ直し溶接 通常シルバーでもプラチナでもロウ材を使い繋ぎます。 得しシルバーでは、つなぎ目以外火が入るつまりはロウ付けされると変色もします。 それで最初の仕上がりと変わってしまいます。 厳密には全く同じではなくなる、今回お客様はシルバーのブランド品だったので その状態のままでお渡し出来る事を目的に共付けのパルス溶接しています。 これはパルス溶接機です。 サイズ直しパルス溶接機 国内では一番ハイスペックのタイプをアトリエでは導入しています。 これによりシルバーが綺麗に溶接可能で強く取り付けれます。 完成写真です サイズ直し完成写真です 斜め上から見たイメージ サイズ直し斜め上から 裏面 サイズ直し裏面

見事サイズ直し終わりました。

見事サイズ直し終わりました。