愛の誓いは外しません!マリッジリングを身につけたその日から決して外さないその理由とは

愛の誓いを交わした日に身につけるマリッジリング。

決して安い価格で購入できるものではないので、誰もが大切にしたいと思っています。
しかし、大切にしようとするなか日常生活でリングを外さない人が多いことを知っていますか?
日常生活では小さな摩擦や衝突が起きるため、リングに傷やゆがみが生じてしまいます。
それでも24時間365日身につけているのです。
そこには、どのような理由があるのでしょう。

リングの存在で常に感じるパートナー


マリッジリングを身につけている人の多くがリングを外さないという大きな理由。
それは、「結婚している」ことをいつでも感じることができるからなのだそうです。
たしかに、普通のペアリングならあまり左手の薬指につけることはないでしょう。
女性は特に「この指には将来結婚する人からのリングのためにとっておく」と大切にしている人も少なくありません。

結婚と同時に自分の指にきらりと光るリングがつけられると、「ついに結婚したんだ!」と男性も女性も実感が湧くものです。
思わず芸能人の結婚記者会見のように左手の甲を誰かに見せたくなる気持ちになります。

きらりと輝くリングの思いは月日が経つと変化します。
結婚式のあの日。
あの日は「結婚したんだ!」という嬉しさ溢れる新しい気持ちでいっぱいだったのに、月日が経つとそれは「責任」という重みに変化します。
男性は生活を安定させるために働き、女性はそれを支える。
お互いがパートナーとして家庭を築こうとするのです。

一緒に過ごせない時間でも「結婚している」ことをいつでも感じることで、パートナーをいつでも感じることができるのでしょう。

支えた数=リングの傷


これは、女性のリングの話ですが女性はなぜリングを外さないのだと思いますか?
家事のなかでリングを外さないとせっかくの輝きも無くなってしまいます。
しかし、女性はまさにこれが狙いでもあり喜びでもあるのです。
女性のなかには、結婚まで家事が苦手だった人も多いはずです。
結婚したことで、今までやってこなかった炊事洗濯などをしなければなりません。
慣れない事で失敗をすることもあるでしょう。
その頑張った証が、リングの傷なのです。
女性は、この傷を努力の証として誇りに感じている人も意外と多いのです。
新しい環境で妻として頑張る自分をリングが物語ってくれる・・
そう感じるのでしょう。

女性は「白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる」とひと昔前はよくいっていましたが、リングの傷を見て誇りに感じることから結婚に対して堅実さが感じられます。
やはり、女性は男性よりも現実主義なのでしょう。

魔よけ扱いの男性リング

画像
それでは、男性のリングはなぜ外さないのだと思いますか?
それは、外さないのではなく「外せない」のです。
リングがきつくて抜けないというわけではありません。
男性は、母親や祖母という「女性」に育てられて成長してきました。なかには姉に叱られながら育ったという人もいるのではないでしょうか?

男性にとって女性は、生まれながらにしてなぜが逆らえない存在なのです。
もちろんそうでない男性もいます。
「女の子は泣かしちゃいけません!」「男の子なんだから!」
ちょっとやんちゃな少年時代を過ごした人なら一度はこんなふうに言われたことがあるのではないでしょうか。

そのため、リングも「愛の誓いを破れない魔よけ」のような存在となっているのかもしれません。
常にパートナーを感じさせ、浮気をさせない寄せ付けない。
女性が自分の存在を男性にリングで感じさせ、見えない圧力をかけているのかもしれません。

男性は母親を大切にしている人が多く、その母親からの教えを大人になっても破れないのです。マザコンというわけではなく、男性は「素直」なのです。
リングを身につけたときから、男性は素直に従い見えない圧力を感じているのです。

いつもパートナーを感じられる見えない「赤い糸」


女性と男性のリングを外さない理由をお話してきましたが、マリッジリングには見えない赤い糸がつながっていることを知っていますか?
結婚には、余興にもよくいわれる「三つの坂」が本当に存在します。
「上がり坂・下り坂・まさか」
長い人生ですから、良い事も悪いことも予期せぬことも起きます。
しかし、その坂はこの赤い糸によってしっかりと結ばれお互いの気持ちを支えあうことができるのです。
その糸は決して太い糸ではありません。
お互いの気持ちでその強度が変化する不思議な糸です。
一緒に過ごすときはもちろんの事、一緒に過ごせない時間でも相手を感じてみましょう。
自分とパートナーを引き寄せた赤い糸は、偶然の出来事だったのです。
偶然の出会いを結ぶ見えない赤い糸は、どこにいてもパートナーを感じられる強い絆なのかもしれません。
その強い絆をマリッジリングでいつも感じ、支えあえる夫婦になりましょう。
指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備