サプライズプロポーズの指輪演出 わずか5秒間にかける思いとは

近年、サプライズ演出をして相手を喜ばせることが流行っています。

特に、「結婚」に至ってはサプライズプロポーズから始まり、結婚式にはフラッシュモブなど周りを巻き込んで行う人が増えています。
このサプライズの仕掛け人は、だいたいが男性で女性のために何ヶ月も時間をかけて「いかに感動をさせられるか」を考えています。

「結婚してください」とリングケースを開けるあの瞬間は、女性にとっては一瞬の出来事ですが、男性にとっては一大プロジェクトなのです。
しかし、なぜそこまで男性はあの瞬間のために思いを込めるのでしょうか?

女性の理想が男性を動かしている 恋愛ドラマが起こす理想の結婚



男性が、あの瞬間のためになぜあれだけの努力をするのでしょうか。
それは、女性がもつ「結婚の理想」が原因といえます。
女性にとって結婚は、ひと昔前の女の子の「将来の夢」にも選ばれました。
恋愛マンガや恋愛ドラマによって女性の結婚への理想がどんどん大きくなっていったのです。
「結婚とは」というものが、現実の世界にはありえないようなロマンチックさを抱き、その理想を現実の世界にも求めるようになりました。
それこそが、まさに「あの瞬間」なのでしょう。
女性の前で男性がひざまずいて、リングケースを開け「結婚してください」と伝える瞬間です。
この瞬間、女性は自分があたかも恋愛ドラマの主人公かプリンセスにでもなった気分になます。
女性にとって、この瞬間が「世界で一番自分が幸せ」と感じているのです。
しかし、それはあくまでも女性の理想に過ぎません。

その理想は、男性にとってはそこまで重要としていないのです。
なぜなら、男性にとって「あの瞬間」を結婚するためのひとつのプロセスにしか考えていないからです。
結婚をすることに対しての考え方が男性と女性ではこんなにも大きく異なります。
ただ、考え方が違うからといってそれを貫き通せない理由があります。
それは、女性からOKを貰えないと結婚ができないからです。
男性だって結婚をしたいと思っています。
そのために、女性が思う理想に付き合い「最高の演出」を男性なりに考えようとしているのです。

サプライズを商品に 時代の動きで変わる業界の変化


プロポーズをひとつのプロセスに過ぎない男性にとって、サプライズ演出は頭を抱えるのではないでしょうか。
女性の友人が多かったり、女性のきょうだいがいるなら「女性の気持ち」を知ることが簡単です。
しかし、世の中はそんな男性ばかりではありません。

女性に対して、どんなことで喜んでくれるのか分からない人もいます。
そんなサプライズ時代をヒントにし、さまざまな業界ではサプライズ演出を成功させるための変化が起きました。
ホテル業界では「プロポーズプラン」ができたり、ジュエリー業界では「サプライズプロポーズプラン」ができたりと男性が女性のために「最高の演出」を行いやすくなったのです。
それだけではなく、主にサプライズをすることを事業としている企業もでき、女性が思わずうっとりしてしまうサプライズプロポーズを演出できるようになりました。
女性が抱いている結婚への理想は、さまざまな業界までも動かすのです。
こんなサプライズのサポートをしてくれる業界が現れる前までは、給料3ヶ月分といわれたリングを購入して、場所もふたりにとって思い出の場所で渡したり素敵な場所を選ばず何気なく渡すのが一般的でした。
しかし、今では女性の求める演出を叶えるために想像以上の努力をしているのです。

それでも叶わないときもある サプライズで破れる恋

「女性はサプライズが好き」といっても全ての女性がサプライズをすれば「イエス」というのでしょうか。
実は、女性にとってサプライズプロポーズは嬉しいことであってもそれが「いつも」というわけではありません。
男性の結婚したい気持ちと女性の結婚したい気持ちのタイミングが合わなければ、もちろん「NO」と言われてしまいます。
特に今の女性は自立している人が多いので、もう少し仕事だけに集中したいという人も少なくありません。
派手なサプライズ演出を苦手な人もいるでしょう。
サプライズをするだけで結婚ができるというのは間違いなのです。

サプライズ演出はあくまでもプロポーズが成功する前提で行うようなことです。
サプライズをする準備よりも「それまでのふたり過程がどれだけ濃かったか」が重要なのです。

その5秒間よりもふたりの時間 プロポーズに本当に必要なこと



サプライズが当たり前になってしまったせいで、男性も女性もサプライズを行うことが普通の流れと感じてしまっています。
男性は素敵な演出をしようと考え、女性はどんな演出をしてくれるのかと期待しています。
しかし、サプライズの演出はあくまでも「演出」に過ぎません。
本当に必要なこと。
それは、お互いを知る時間なのです。

相手のタイプを知らないまま演出ばかりに時間をかけてサプライズプロポーズをしてしまうと、たとえ結婚に至っても良い思い出にはなりません。
プロポーズを素敵な日にするためには、どんな演出でもなくふたりの時間があってこそ素敵な日になるのです。

挙式をするカップルにサプライズの演出

結婚式場の演出は、どれも魅力的なものです。
一つ一つのオプションを見て全て選びたいと思うかもしれないですね、
しかし、費用も考えると全てを選ぶことは現実的に難しい場合も結構あります。

例えば今は欠かせない一つには、
ケーキ入刀やバルーンなど一つ一つが数万円の見積もりに感覚も万単位で分からなくなる部分もあります。


テーブルに飾るお花も招待するお客さんを思うと欠かしたくないものです。


ここで、実際にブライダルプランナーから直接電話を頂いたことを紹介します。

ご両親への感謝の気持ちを伝えるような、
お手紙を書いて、読むシーンは結婚式に招待されたら目にしたことがあると思います。

この感謝の気持ちを伝えるときに使えるアイテムを欲しいとプランナーから、
電話を頂きました。詳しい場所は言えないのですが本当にあった話です。

「ご両親へお手紙を渡す際に誕生石を入れたベビーリングを演出で購入したいのですが?」
このような内容でご注文を頂きました。

確かに、姉妹サイトで販売しているベビーリングは5,800円で出来る演出です。


一つの演出をリーズナブルな価格で出来るサプライズは魅力的に感じました。

これから結婚式を挙げる方には、自分たちで出来るサプライズ、特に手作りのものなど、
費用もかけなく演出を考えるのは、
心に残る想い出として涙を流したくなくても流してしまうようなワンシーンになるでしょう。
指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備