デザインと素材が決め手|一生身につけたくなるリングの選び方とは

永遠の愛を約束した二人。


そんな愛の証として左手の薬指には結婚指輪がはめられます。
女性にとっては、この瞬間が人生で一番嬉しい瞬間と感じる方もとても多く、
この日のためにネイルを整えたりハンドエステを施術される方もいます。
そんな愛を誓い合ったリングは、できるだけ長く身につけたいものです。

しかし、リングにはさまざまなデザインから何種類もの素材があります。
結婚したころの年齢と月日が経ったときでは、リングのデザインが雰囲気に合わなくなってしまったり、
リングそのものが劣化して変形してしまうことがあります。
さらに、年齢や環境の変化等により体質変化が起きてしまい購入したリングの素材が体に合わなくなってしまうことがあります。

そうなると、一生身につけたいはずの「あの日の誓い」を身につけることができなくなります。
できるだけ長く身につけることができるように、購入の際はデザインと素材を良く考えて選ばないといけません。

シンプル過ぎてもダメ 妥協しないことが一番



よくマリッジリングの選び方に「飽きのこないシンプルなデザインがおすすめ」というものを目にします。
しかし、いくらシンプルでもシンプル過ぎてしまうと物足りなさを感じてしまいせっかくのリングに愛着を感じることができません。

男性パートナーが仕事でも使いやすいようにシンプルなデザインことは一般的ですが、
女性が男性に合わせてシンプルさだけでリングを決める必要はありません。
リングは、二人の愛の誓いの証なので二人で話し合い納得のいく形で購入することが一番です。
全て同じにしなくても、リングの太さに若干の違いがあるペアリングにするだけでも長く身につけることができます。
男性なら、太めのリングに。
女性なら、華奢なリングで指が細く見えるシルエットに。
デザインだけが同じ、フォルムだけが同じという感じにどこかに同じ部分がたった1つあるだけでもリングに愛着を感じられます。

「オーダーメイド」や「セミオーダーメイド」でリングを作れば、
二人のこだわりを思う存分に出し合って作ることができますので一段と特別感を得ることができます。
ずっとつけたくなるデザインは、パートナーに合わせて妥協してしまうのではなく、自分が「これをつけたい」と感じるデザインが一番なのです。


強度と材質がポイント 長く身につけるなら材質選びが重要



リングを毎日つけていると、手のひら側が変色してしまったり、リングの形が変形して丸から楕円のような形になってしまうことがあります。

これは、リングの材質によるもので起きています。
起きてもジュエリーショップに依頼をすればお直しをしてもらえますが、できるだけきれいな状態で使いたいものです。

マリッジリングは毎日つけるものなので、強度が強くなければいけません。

人によっては、食事の準備のときや入浴時などずっと身につけている方もいます。
つけている時間とリングへの負荷を考えるとマリッジリングの材質選びはとても重要になるのです。
リングの材質は、プラチナやゴールドが定番になっていますが、
そのなかでもプラチナで作るのがもっとも多いです。
その理由として、プラチナは耐食性が強く変色しにくい特徴があります。

しかし、加工がしやすい面から純度が高いと変形しやすくなってしまいます。
そのため、他の金属を混ぜて強度を出すことが一般的です。
この「他の金属」が体質によってはアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。
金属アレルギーは、そのときには症状がでなくても時間が経つごとに痒みなどを感じてしまうものなので本人でも自分が金属アレルギーだとは分かりにくいものです。

金属アレルギーを発症してしまうと、そのリングは使うことが難しくなります。
最近では、金属アレルギーの方が多いので金属アクセサリーの材質にサージカルステンレスが使われることが増えました。

サージカルステンレスは、医療器具に使われる金属で金属アレルギーでも安心な金属です。
錆びにくく、強度があるためとても長持ちします。
一見、プラチナのような輝きを感じさせてしまう魅力もあるので、
特別なリングとしても違和感なく着けられます。
長く身につけるためには、もしもの体質変化を考えて材質選びをするもの長く身につけるには大切なことなのです。

リングは自分らしさの象徴



これまでリングはどちらかというと「男性がプレゼントするもの」とされていました。

そのため、女性が本当に好む「美しさ」や「可愛らしさ」が欠けてしまいどこか男性自身が「自分も一緒につけて恥ずかしくないもの」を選んでいる感じがします。

しかし、二人が永遠を誓い合った証は、決して「男性目線」でも「女性目線」でもない偏りのないものを選ばないといけないのです。

「二人で納得のいくものを選ぶこと」
それこそが、長く身につけたくなるリングの選び方なのです。

奥の深いハワイアンのデザインについての考え

旅行に行った事がきっかけや雑誌などで見かけることで、ハワイアンジュエリーに魅力を感じた!

そういう方も多いと思います。
実際にハワイアンジュエリーを彫るうえで知っていく彫りの魅力を作り手としての両方の視点から
その魅力について語ってみたいと思います。

一般的な模様で多く入れるデザインには「波」が多く複数の模様を組み合わせて一つのリングにする場合が多くその組み合わせにも意味があり、
又組み合わせ次第で模様も無限に広がる可能性を秘めています。
「月桂樹」はリーフといって連続した彫りなどでエンドレスに彫ることで結婚指輪にも終わりのないエンドレスを意味していると思います。

又「亀」はホヌと言われ幸運を意味していることから多くの方が希望して彫っています。
定番的に考えるのなら、「ハイビスカス」や「プルメリア」に「ユリ」などは大変人気で、やはり花は人を引き付ける魅力があるように思えます。

当店では特に「ヒマワリ」や「太陽」など元気をもらえるようなデザインは大変人気で、魅力的な彫りの立役者だと思います。

ハワイアンジュエリーでは彫りは洋彫りの手法を取り入れて彫ります。
最近ではジュエリー工具も進化して彫りを綺麗に入れることが出来るグレーバーマックスなどの商品もあり、
当店でもグレーバーは使っています。顕微鏡と連動で綺麗に拡大して彫れるのはグレーバーのおかげです。

僕自身もハワイに行ったときにハワイアンジュエリーこ工房見学などもしています。
又沢山のハワイアンジュエリーを見て思った事があります、現地では確かに大胆なデザインで魅力的ですが、
日本製の特に繊細な彫りで綺麗です。日本人好みに仕上がったハワイアンジュエリーと思われても良いと思います。

今では、沢山の工房でも売られていますが、このハワイアンジュエリーに関しては作り手のデザインセンスが問われてきます、
イメージしている作りを直観的に気に入ったら、そのお店で購入するのが一番だと思います。

何処でも同じものが手に入らないのが手仕事の魅力でもあり、量産されることが出来ない手作りの良さと思います。

作りによるハワイアンジュエリーもあります。

そえれは当店では何度か作ったことあるのですが、作りとは平甲丸や平打ちなどのシンプルなものに
彫りこんで作るのが一般的なハワイアンですが、現代風に透かしのデザインに作るなども可能です。
これは作りに後で彫りを入れる手法で作ったハワイアンデザインリングです。
このように今では、時代の流れから又結婚指輪を求める人の多くが個性的なデザインを求めるようになった
いまだからこそある作りなのかもしれないです。
指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備