これから指輪を選ぶなら、重ね付けができるデザインがおすすめ

画像

1. トレンドは婚約指輪と結婚指輪の重ね付け


婚約の証として、男性から女性へ贈る婚約指輪。プロポーズの際に男性がプレゼントするのが定番のイメージですが、プロポーズの後2人で一緒に探しに行くこともあるようです。
婚約指輪は、少し前までは、友人知人の結婚式やパーティー、2人の記念日などの特別な日にだけ着ける女性がほとんどでした。
しかし最近では、結婚指輪との重ね付けがトレンドになっており、2つを一緒につけることを前提としたデザインも増えてきています。

画像

2. 指輪選びの基礎知識

愛の証である婚約指輪と、ずっと身に着けていたい結婚指輪。2人の大切な宝物になる指輪は、やはりこだわって選びたいですよね。まずは、選ぶ前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。
簡単な用語を知っておくと、自分の好みを伝えやすくなるのでおすすめです。

A) 婚約指輪のデザイン

婚約指輪は、プラチナのリングにダイヤモンドが一般的ですが、最近ではデザインのバリエーションも多くなってきています。基本の4つのデザインは、ソリティア、パヴェ、メレ付き、エタニティーです。
・ ソリティア:ダイヤモンドを1粒飾るデザインで、婚約指輪の定番。
・ パヴェ:アームにメレダイヤ(0.03 カラット以下)を敷き詰めた華やかなデザインのリング。
・ メレ付き:センターダイヤの脇にメレダイヤを数石あしらったリング。
・ エタニティー:アームにぐるりとダイヤを並べたデザイン。半周のものは、ハーフエタニティーと呼ばれる。


B) 結婚指輪のデザイン
結婚指輪は、メレダイヤを飾ったり、メッセージなどの堀を入れたり、デザインを2人らしくすることが多いです。
基本は、シンプル、石付き、彫り入り、仕掛け系の4つです。
シンプル:ダイヤや彫りなどが入らないもの。ややカーブさせるなどして、個性を出したものもある。
石付き:メレダイヤをあしらうと華やかに。最近は男性でも石入りを選ぶ人が増えている。
彫り入り:花や葉など、一般的なモチーフのほか、オーダーで好きなものを掘ることもできる。
仕掛け系:2つの指輪を合わせるとハート型に見えたり、イニシャルが浮き上がるもの。

画像

3. テーマ別 指輪の選び方と重ね付けのパターン

たくさんある指輪の中からお気に入りを選ぶのは大変。そんな時は、テーマを決めると選びやすくなります。
今回は、キュートで可愛らしい「フェミニン」、シンプルで上質な「ハンサム」、個性的な「エッジ」の3つのテーマでご紹介します。

A) 愛らしさがぐっと高まる フェミニン
女性らしく可愛らしい指輪が好みの女性にオススメなのが、フェミニンなデザインの指輪。
細く華奢なものやV カット、緩やかなカーブのデザインを合わせるのがおすすめです。


デザインのポイント
・ 華奢で繊細な女性らしいデザイン
・ 小粒ダイヤをあしらったデザイン
・ リボンやハートなどのモチーフ使い

B) 凛とした美しさが増す ハンサム
飾りたてるよりもシンプルで上質なものが好みの女性には、太めのアームや、ストレートなもの、スクエア型のデザインで合わせるのがおすすめです。
女性らしさも取り入れたいときは、太めのカーブも素敵です。

デザインのポイント
・ 甘さを抑えた太めのアーム
・ シンプルでも、細部にこだわりのあるデザイン性
・ シャープなスクエアデザイン

C) センスが一段とアップする エッジ
みんなと一緒じゃない、個性的な指輪を好む女性には、エッジの効いたデザインを合わせるのがおすすめです。
個性的なもの同士は、質感や色を合わせると、しっくり馴染みます。

デザインのポイント
・ 個性のあるセンターストーン
・ オシャレさアップのゴールド使い
・ 伝統にこだわらないデザイン

4. お店ではここをチェック

一生身につける大切な指輪。お店で選ぶ時のポイントもぜひ参考にしてくださいね。
n 指輪を着けた時の全身バランスを、鏡でチェックする
指輪の試着をする時は、手元だけでなく全身を鏡で見ることも忘れずに。

 

全身で見ると雰囲気が違っていたり、浮いていたりすることもあるのです。
普段の服装でも違和感はないか確認する
指輪は、特別な日だけではなく普段からずっと着けているもの。ジュエリーショップに行く時は、「普段よりちょっとオシャレ」くらいがちょうどよいかもしれません。
仕上がりはいつ頃になるかを確認する予定日に間に合わなかったということがないよう、仕上がりの期日は確認しておくと安心です。
年を重ねても違和感のないデザインかをイメージする。
一生身に付ける大切な指輪。年を重ねても、着けていたくなるようなものを選部のもひとつのポイントです。
購入後のメンテナンスはどうなっているかを確認する
保証期間やメンテナンスの内容は、ショップやデザインによって異なるので、事前に確認しておくと安心です。

画像
婚約指輪と結婚指輪。女性は、2つが並んだ指を見る度に、まだ恋人だった時と、夫婦になった時のことを思い出し、幸せな気持ちに包まれることでしょう。
これから指輪を選ぶお二人は、重ね付けもできるデザインを選んでみてはいかがでしょうか?

サプライズプロポーズの指輪演出 わずか5秒間にかける思いとは

近年、サプライズ演出をして相手を喜ばせることが流行っています。

特に、「結婚」に至ってはサプライズプロポーズから始まり、結婚式にはフラッシュモブなど周りを巻き込んで行う人が増えています。
このサプライズの仕掛け人は、だいたいが男性で女性のために何ヶ月も時間をかけて「いかに感動をさせられるか」を考えています。

「結婚してください」とリングケースを開けるあの瞬間は、女性にとっては一瞬の出来事ですが、男性にとっては一大プロジェクトなのです。
しかし、なぜそこまで男性はあの瞬間のために思いを込めるのでしょうか?

女性の理想が男性を動かしている 恋愛ドラマが起こす理想の結婚



男性が、あの瞬間のためになぜあれだけの努力をするのでしょうか。
それは、女性がもつ「結婚の理想」が原因といえます。
女性にとって結婚は、ひと昔前の女の子の「将来の夢」にも選ばれました。
恋愛マンガや恋愛ドラマによって女性の結婚への理想がどんどん大きくなっていったのです。
「結婚とは」というものが、現実の世界にはありえないようなロマンチックさを抱き、その理想を現実の世界にも求めるようになりました。
それこそが、まさに「あの瞬間」なのでしょう。
女性の前で男性がひざまずいて、リングケースを開け「結婚してください」と伝える瞬間です。
この瞬間、女性は自分があたかも恋愛ドラマの主人公かプリンセスにでもなった気分になます。
女性にとって、この瞬間が「世界で一番自分が幸せ」と感じているのです。
しかし、それはあくまでも女性の理想に過ぎません。

その理想は、男性にとってはそこまで重要としていないのです。
なぜなら、男性にとって「あの瞬間」を結婚するためのひとつのプロセスにしか考えていないからです。
結婚をすることに対しての考え方が男性と女性ではこんなにも大きく異なります。
ただ、考え方が違うからといってそれを貫き通せない理由があります。
それは、女性からOKを貰えないと結婚ができないからです。
男性だって結婚をしたいと思っています。
そのために、女性が思う理想に付き合い「最高の演出」を男性なりに考えようとしているのです。

サプライズを商品に 時代の動きで変わる業界の変化


プロポーズをひとつのプロセスに過ぎない男性にとって、サプライズ演出は頭を抱えるのではないでしょうか。
女性の友人が多かったり、女性のきょうだいがいるなら「女性の気持ち」を知ることが簡単です。
しかし、世の中はそんな男性ばかりではありません。

女性に対して、どんなことで喜んでくれるのか分からない人もいます。
そんなサプライズ時代をヒントにし、さまざまな業界ではサプライズ演出を成功させるための変化が起きました。
ホテル業界では「プロポーズプラン」ができたり、ジュエリー業界では「サプライズプロポーズプラン」ができたりと男性が女性のために「最高の演出」を行いやすくなったのです。
それだけではなく、主にサプライズをすることを事業としている企業もでき、女性が思わずうっとりしてしまうサプライズプロポーズを演出できるようになりました。
女性が抱いている結婚への理想は、さまざまな業界までも動かすのです。
こんなサプライズのサポートをしてくれる業界が現れる前までは、給料3ヶ月分といわれたリングを購入して、場所もふたりにとって思い出の場所で渡したり素敵な場所を選ばず何気なく渡すのが一般的でした。
しかし、今では女性の求める演出を叶えるために想像以上の努力をしているのです。

それでも叶わないときもある サプライズで破れる恋

「女性はサプライズが好き」といっても全ての女性がサプライズをすれば「イエス」というのでしょうか。
実は、女性にとってサプライズプロポーズは嬉しいことであってもそれが「いつも」というわけではありません。
男性の結婚したい気持ちと女性の結婚したい気持ちのタイミングが合わなければ、もちろん「NO」と言われてしまいます。
特に今の女性は自立している人が多いので、もう少し仕事だけに集中したいという人も少なくありません。
派手なサプライズ演出を苦手な人もいるでしょう。
サプライズをするだけで結婚ができるというのは間違いなのです。

サプライズ演出はあくまでもプロポーズが成功する前提で行うようなことです。
サプライズをする準備よりも「それまでのふたり過程がどれだけ濃かったか」が重要なのです。

その5秒間よりもふたりの時間 プロポーズに本当に必要なこと



サプライズが当たり前になってしまったせいで、男性も女性もサプライズを行うことが普通の流れと感じてしまっています。
男性は素敵な演出をしようと考え、女性はどんな演出をしてくれるのかと期待しています。
しかし、サプライズの演出はあくまでも「演出」に過ぎません。
本当に必要なこと。
それは、お互いを知る時間なのです。

相手のタイプを知らないまま演出ばかりに時間をかけてサプライズプロポーズをしてしまうと、たとえ結婚に至っても良い思い出にはなりません。
プロポーズを素敵な日にするためには、どんな演出でもなくふたりの時間があってこそ素敵な日になるのです。

指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備