自分で手作りしたい結婚指輪2018.5.9

結婚指輪を手作りしたい!

今までそういう類いの相談のを受けてもワックスをお二人に削って頂いて、
それをキャストするような流れで受ける事が数回ありました。

しかしそれって作っている感じがしないのも事実です。

このワックスが~プラチナになるの?って思われても仕方ないところです

当店では全てワックスからキャストまで自社で一貫して行っているため
その一部をお客さまが手掛ける事は出来るのですが、
なかなかその部分までお任せすることに踏みとどまっていましたが、

お客さまが、それでも作りたいと言われて、今回は作りを体験して
仕上げもご自身で行って頂きました。

画像
芯金の持ち方も教えてカンカンと叩いています。

画像
ハンドピースでテクスチャーを入れています
画像
初めての体験ですが上手に作れています
画像
初めての指輪作りは綺麗に仕上げる事が出来ました。

アトリエのブランドとして出来る事

結婚指輪 福岡のブランドとしてアトリエでは日々デザインを考えています。

近くプラチナ950とイエロー・ピンクゴールドのリングがオリジナルブランドとして
デザインに加わる予定です。

最近の流れとしては、オーダーメイドより
オリジナルデザインをアレンジして作る方が非常に増えてきました。

そこで、オリジナルも選択幅を増やしたプライベートブランドとして作れるように取り組みました。

今結婚指輪を求めて福岡市内からのお客様も増えて、
アトリエを知って頂いて喜んでいただけるようなジュエリーショップを目指しています。

アトリエでは、コンビリング
つまりは、プラチナとゴールドのリングはロー付けしないでコンビリングを作っています。

どのように作っているかというと、
キャストによるコンビ加工を実現化しています。

例えば指輪の表面がプラチナ950で内側がゴールドのようなリングでは
先にプラチナを作ってワックスを組み込んでゴールドを流して作るのです。

そして電気炉の温度管理を正確にコントロールしてからコンビを作ります。

出来上がりはつなぎ目のローが見えないので綺麗に自然にコンビが作れています。

制作の見えない部分にこだわります。

又ロー付けが良くないとは言いませんが、ロー材は若干ですが、変色しやすく薄っすらつないだ面が時間が経過すると[何年]色が変わる可能性もあるからです。


ハワイアンジュエリーの素材見本を展示

ハワイアンジュエリーの素材別の見本を展示しています


画像

実際にゴールドならどんな感じに仕上がるのかなどもイメージできるようにしています。

ご来店には是非とも宜しくお願いします。
ショップの出来事
メディア
制作
プライベート
ジュエリー紹介
花嫁イメージ

気軽にお電話ください tel:0948-25-3923

atelierイメージ
atelierイメージ