5カラット以上のエメラルリングのサイズ直しを県内のお客様より

5カラット以上とはこれほど大きいサイズ直しをさせて頂くきっかけがあり、
サイズ直しとはいえ、エメラルドはもろく落としても割れるような宝石です。

本当にデリケートな宝石だから、職人の技量が問われる仕事となります。

サイズは4~5号大きくする場合も、これだけ大きな宝石の場合とても難しい作業になります。

プラチナエメラルドリング

こちらがそのエメラルドのプラチナリングです。

福岡県内から、お客様がご来店してサイズ直しを受けました。
サイズ直し
これだけのリングは、なかなか目にすることも少なく、とても緊張する仕事です。

手のひら側を糸ノコで切断してプラチナを足してサイズをアップします。

サイズの計算は、1号で約1㎜なんです。例えば10号の指輪を13号のしたい場合では3㎜のプラチナを足します。
又13号の指輪を10号にするのなら、3㎜を切断して繋ぎます。
画像綺麗なサイズ直し
サイズ直し後の部分も綺麗に繋ぎます。

友付けという技法でロー材を使いません
そのため、つなぎ目はわからなくなります。
画像は完成
見事なエメラルドリングです、これほど綺麗なリング本当に緊張する仕事です。

大変サイズ直しにも喜んでいただけました。

サイズ直し、一般的な結婚指輪などでは、形状も輪っかで問題なくできます。
一部に、コンビや木目金で困難な作りもありますが、

サイズ直しだけを考えるとおそらくは出来ます。

このようなリペアをお考えや、断られたような場合は、当店にご相談ください。

アメリカ・ドイツ・イギリスから輸入してきたジュエリー工具


ジュエリーを作るのには沢山の道具が必要になります。

今年輸入した工具を今、今年を振り返り紹介したいと思います

今は、インターネットがあるので海外からの輸入は簡単な時代になっています。
レアな工具は気軽に手に入る時代です。

今年はアメリカから輸入して、ドイツからも輸入して、
更にはイギリスからも工具を輸入しました。

毎回届くまで不安なんですが、今まで全て確実に届いています。

しかし頼んだものと違うものが入っていたこともありました。
この辺は面倒なんです。


何が入っていたかというと、プライヤーです様々な形状で用途によって変えていきます。

珍しい先端をしていたり、しますが、指輪を作ったりするのにあると便利なんです。

手前の青いハサミは、丸環を簡単に作れるのでなくてはならない工具なんです。


これはアメリカサイズのゲージです、海外からの注文にはこれらが必要になるのです。
これが無くては海外のお客様とサイズに違いが起きてはいけないのです。


そうやって、サイズを決めてからはジュエリーのキャストです

綺麗に出来たプラチナペンダント

繊細なデザインは鋳造も難しいです。


キャスト後ですが写真が横ですみません、スマホの関係で横向きになってしまいました。


こちらもそうです、乾式バレル研磨機なんです。イギリスからの輸入です。

この研磨機はきめ細かな仕上げのお手伝いをしてくれて毎日働いてくれる縁の下の力持ちです。

しかし、輸入ばかりではなくて、海外への輸出で日本が潤っていけないと人口問題が待ち構えていると思っています。
今からは、そういう事も視野に入れて輸出に取り組みたいと思っています。

消えないマジックでプラチナ坩堝にマーキング

12月になるとジュエリーの制作も一年で一番忙しいピークに入ってきます。

当社では、全て自社制作をしているため、外部に出して作る工房に比べて倍以上忙しくなります。
しかし、自社で全て作る事は価格も抑えつつお客様に還元できると思っています。

プラチナ950の注文が増えています。
プラチナ95%以上と5%の中には何が入っているのあ?

気になりませんか?

5%の中はパラジウムとルテニウムです。

ルテニウムが硬さを増させハードプラチナと呼ばれる素材になります。

同じプラチナでさえ、中身は違っていることがある事も知ってもらえると商品の良さもわかってもらえると思います。

地金=プラチナを溶解するにあたり、坩堝という溶解容器があります。

これは、シリカやセラミックで出来ているものです。

この写真はプラチナ950を溶かしているところです
マジックでPt950と書かれていますが、マジックで書くと普通は熱により薄くなって消えていくものなんです。

そこでマジック探しに苦労しました。

工業用のマジックってあるんですね。

これは、500度以上に耐えれるようなマジックです。

見た目は同じですね?輸入しました。

もう一つ1000度以上も耐えるマジックもあります。
しかしそれは、綺麗に書きずらく、このマジックで2000度の溶解で耐えるマジックで使えています。

そんなマジックに耐えるキャスティングの様子を昨日録画しました。
フェイスブックなどにも同時にアップしているので見ている方もいるかもしれませんが、
一瞬の動画を少しだけ編集してスリーモーションにしています。

こちら面白いでしょ?

日々作るジュエリーは毎日お客様の元に発送しています。

これからクリスマスを前にご注文のお客様、もう少し間に合う場合もございます!

ショップの出来事
メディア
制作
プライベート
ジュエリー紹介
修理