ジュエリーリフォームしました。

ピアスから2本の指輪を作りたいと相談を受けて作りました。
画像

細い指輪を希望されたので、まずは指輪を作りました。
ピアスのカタチに合わせています。

ピアスの針を取り外した石枠です。
画像
石枠は、そのままを取り付けています。

画像
この時点では重ね合わせただけです。

画像
ここからパルス溶接です。

パルス溶接で丁寧になめらかに取り付けて完成です。

素材はホワイトゴールド当店のホワイトゴールドはAU75%PD25%。
お客様のピアスのホワイトゴールドの詳細は不明。

コンビネーションの作り方

コンビネーションの指輪はどのように作られるのか?

プラチナとゴールドをくっつけるのにロウ材を使ったりしますが
当店では今はキャスティングのよるコンビネーションで製作をしています。
画像
例えばこれがそのキャスト上がりです

一本は内側ピンクゴールドでもう一つはイエローゴールドです。

表面はプラチナをつかっています
このような製作は、ロウ材を必要としないため綺麗でしっかりとくっ付き圧着以上の強度を誇ります

作られてしまうとどのように出来るか分からないことも、製作の裏側ではこの言うな努力もあります

手作りプラチナ900チェーン[ボールチェーン]手作り

今年上半期に、オーダーメイドでプラチナ900で作った手作りチェーンを紹介します。

プラチナ900で仕上がり170g程の重量になる特別なチェーン

ボールチェーンではこれほどのものが無く、
又制作の作りも相当知恵を絞り作った特別なチェーンです。

まずは、実験テストから繰り返しました。
画像

プラチナ900これは鋳造グラムをラベルに張っています。約170gのプラチナを溶解し
画像
また140g以上のプラチナを鋳造したりしています。

当店の鋳造はプラチナ175g前後まで鋳造が出来るので、マックスに近い状態で行いました、
画像
湯口にたまり、一気に加圧で押し込みます。
このときに使うのがアルゴンガスです。

以前はコンプレッサーでエアーを注入していたのですが、今ではすべての地金に対して、アルゴンガス注入をしています。

これが全国初と思えるような手作りボールチェーンです

画像
これがその知恵を絞って作ったボールチェーン170g程全てにプラチナが詰まっています。
画像
実は中にはワイヤーを通しています。
普通のワイヤーではなくて40キロまで耐えれる特別なワイヤーを取り込みマイヤーは中で独自に回る作りと
更にはしっかりと固定出来る作りを編み出して形にしています。

画像
70㎝ある特別なチェーンを作れました。

この仕事は社内全体で何度も実験を繰り返して形にしています。

出来上がりは、みなで実現できたことに驚きました。
ショップの出来事
メディア
制作
プライベート
ジュエリー紹介
修理