コラム|「未来の願い」を込める ハワイアンジュエリーの魅力

最近「ハワイアンジュエリー」というアクセサリーを身につけている人を多く見かけるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、ハワイを発祥とした御守りのようなジュエリーです。


現代人が海外に興味をもつようになったのもひとつですが、その理由は他にもあると考えられます。
海外の御守り「ハワイアンジュエリー」。
その魅力は身につけたときに感じる魅力にあるのかもしれません。



未来幸せを守られたい 分かりやすい意味だから惹かれる魅力

ハワイアンジュエリーには、モチーフにさまざまな意味が込められているのを知っていますか?

存在感のある花、ハイビスカスは「新しい始まり」や「信頼」
南国の花、プルメリアは「大切な人の幸せを願う」
ハワイアンキルトのモチーフに使われる大きな葉が特徴のモンステラは、「希望の道を照らす」
ハワイ語でホヌのウミガメは、「危険や災いから身を守る」
マイレという花の葉は、「絆を強く結びつける」
ハワイ語でナルの波は、「永遠に途切れることの無い愛」
鯨の尾ホエールテールは、「幸せの象徴」
釣り針の形をしたフィッシュフックは、「掴んだ幸せを離さない」



そもそも、ハワイアンジュエリーの発祥の地ハワイの先住民族は「思い」を「文字」したためてアクセサリーにし、身に着けていました。
さまざまな思いのこもったアクセサリーを家族や大切な人にプレゼントして「お守り」のように受け継ぎます。
分かりやすい意味が込められているので、ハワイのジュエリーであっても日本人が受け入れやすいのが人気の理由と考えられます。


個性を感じるから身に着けたい 思いを込めたマリッジリング


ハワイアンジュエリーの魅力は、リングに込められた意味だけではありません。
ハワイアンジュエリー独特のデザインが、ありきたりな結婚指輪を感じさせない雰囲気があり、幅広い世代から愛されています。
マリッジリングは、シンプルで普段着けていても邪魔にならないものが多く「個性」を感じないものが一般的でした。
しかし、現代の人は男性だけでなく女性も自分の価値観をしっかりと表現して生きる人が増えています。
そのため、リングも「自分らしさ」のあるものを好む人が増えています。
さらに、スピリチュアルな面であやかりたい気持ちが強く、未来の自分が今よりも幸せになりたい思いで選ぶ人も少なくありません。

「これからの二人の未来を幸せにしたい。」

そんな思いをマリッジリングに込めて選んでいるのかもしれません。
日本でも神社で御守りが売られていますが、日本のいわゆる御守りよりもデザイン性がありおしゃれで身に着けやすいのが愛されている理由だと考えられます。

オリジナルを追求した オーダーメイドハワイアンジュエリー


ハワイアンジュエリーは、日本のジュエリーショップで販売していることも多く身近なジュエリーになりました。
そのなかでも、オーダーメイドでできるハワイアンジュエリーリングは人気でマリッジリングとしても選ばれています。


二人の思いをリングに込め、二人だけのリングを作る。


これまでオリジナルのリングといえば、内側に名前やお互いのイニシャルを入れたりお互いの誕生石を入れたりと見ただけでは分かりにくいオリジナル感でした。
オーダーメイドのハワイアンジュエリーでは、見ただけでオリジナルさが分かるほどデザイン性が優れているので特別感が得られます。
この特別感が、「二人の絆」を感じるもかもしれません。
一見、ただのマリッジリングのようですがオリジナルのリングを身に着けることでパートナーとしての意識が高まるのかもしれません。
それはまさに、子どものころに参加した運動会のハチマキのような感じなのでしょう。

同じハチマキカラーの仲間とゴールを目指す。
パートナーと意識した相手と生涯を共に過ごす。



結婚は、一種の競技なのかもしれません。
障害物競走のような困難をふたりで協力して乗り越える。
お互いの得意とする部分で支えあいながら一歩一歩前に進む。
オリジナルだからこそ感じる一体感なのです。

流行に流されない 身に着けたいものを選ぶのが本当の幸せ


ハワイアンジュエリーでマリッジリングを作る傾向が高まっていますが、決してそれだけで購入する必要はありません。
ジュエリーアクセサリーにはたしかにトレンドがあります。
有名ジュエリーブランドのリングはとても人気でピーク時は、多くの女性が似たようなリングを身に着けていました。
しかし、マリッジリングにはトレンドに流されてはいけない理由があります。
それは、「一生身に着けるもの」だからです。
トレンドに流されて、次第に飽きてしまうということはマリッジリングでは絶対に起きてはいけません。
リングは、あなた自身でもありパートナー自身でもあります。
これからの幸せを願う二人に飽きるなんてことはあってはならないのです。
マリッジリングは、二人が身に着けたいものを選ぶことが一番です。
リングに込められた願いに未来を委ねるよりも、これから二人で未来を築いていくことのほうがより幸せになれます。
薬指の誓いは、二人で切り開いていきましょう。
それこそが、「本当の幸せ」なのです。

デザインと素材が決め手|一生身につけたくなるリングの選び方とは

永遠の愛を約束した二人。


そんな愛の証として左手の薬指には結婚指輪がはめられます。
女性にとっては、この瞬間が人生で一番嬉しい瞬間と感じる方もとても多く、
この日のためにネイルを整えたりハンドエステを施術される方もいます。
そんな愛を誓い合ったリングは、できるだけ長く身につけたいものです。

しかし、リングにはさまざまなデザインから何種類もの素材があります。
結婚したころの年齢と月日が経ったときでは、リングのデザインが雰囲気に合わなくなってしまったり、
リングそのものが劣化して変形してしまうことがあります。
さらに、年齢や環境の変化等により体質変化が起きてしまい購入したリングの素材が体に合わなくなってしまうことがあります。

そうなると、一生身につけたいはずの「あの日の誓い」を身につけることができなくなります。
できるだけ長く身につけることができるように、購入の際はデザインと素材を良く考えて選ばないといけません。

シンプル過ぎてもダメ 妥協しないことが一番



よくマリッジリングの選び方に「飽きのこないシンプルなデザインがおすすめ」というものを目にします。
しかし、いくらシンプルでもシンプル過ぎてしまうと物足りなさを感じてしまいせっかくのリングに愛着を感じることができません。

男性パートナーが仕事でも使いやすいようにシンプルなデザインことは一般的ですが、
女性が男性に合わせてシンプルさだけでリングを決める必要はありません。
リングは、二人の愛の誓いの証なので二人で話し合い納得のいく形で購入することが一番です。
全て同じにしなくても、リングの太さに若干の違いがあるペアリングにするだけでも長く身につけることができます。
男性なら、太めのリングに。
女性なら、華奢なリングで指が細く見えるシルエットに。
デザインだけが同じ、フォルムだけが同じという感じにどこかに同じ部分がたった1つあるだけでもリングに愛着を感じられます。

「オーダーメイド」や「セミオーダーメイド」でリングを作れば、
二人のこだわりを思う存分に出し合って作ることができますので一段と特別感を得ることができます。
ずっとつけたくなるデザインは、パートナーに合わせて妥協してしまうのではなく、自分が「これをつけたい」と感じるデザインが一番なのです。


強度と材質がポイント 長く身につけるなら材質選びが重要



リングを毎日つけていると、手のひら側が変色してしまったり、リングの形が変形して丸から楕円のような形になってしまうことがあります。

これは、リングの材質によるもので起きています。
起きてもジュエリーショップに依頼をすればお直しをしてもらえますが、できるだけきれいな状態で使いたいものです。

マリッジリングは毎日つけるものなので、強度が強くなければいけません。

人によっては、食事の準備のときや入浴時などずっと身につけている方もいます。
つけている時間とリングへの負荷を考えるとマリッジリングの材質選びはとても重要になるのです。
リングの材質は、プラチナやゴールドが定番になっていますが、
そのなかでもプラチナで作るのがもっとも多いです。
その理由として、プラチナは耐食性が強く変色しにくい特徴があります。

しかし、加工がしやすい面から純度が高いと変形しやすくなってしまいます。
そのため、他の金属を混ぜて強度を出すことが一般的です。
この「他の金属」が体質によってはアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。
金属アレルギーは、そのときには症状がでなくても時間が経つごとに痒みなどを感じてしまうものなので本人でも自分が金属アレルギーだとは分かりにくいものです。

金属アレルギーを発症してしまうと、そのリングは使うことが難しくなります。
最近では、金属アレルギーの方が多いので金属アクセサリーの材質にサージカルステンレスが使われることが増えました。

サージカルステンレスは、医療器具に使われる金属で金属アレルギーでも安心な金属です。
錆びにくく、強度があるためとても長持ちします。
一見、プラチナのような輝きを感じさせてしまう魅力もあるので、
特別なリングとしても違和感なく着けられます。
長く身につけるためには、もしもの体質変化を考えて材質選びをするもの長く身につけるには大切なことなのです。

リングは自分らしさの象徴



これまでリングはどちらかというと「男性がプレゼントするもの」とされていました。

そのため、女性が本当に好む「美しさ」や「可愛らしさ」が欠けてしまいどこか男性自身が「自分も一緒につけて恥ずかしくないもの」を選んでいる感じがします。

しかし、二人が永遠を誓い合った証は、決して「男性目線」でも「女性目線」でもない偏りのないものを選ばないといけないのです。

「二人で納得のいくものを選ぶこと」
それこそが、長く身につけたくなるリングの選び方なのです。
指輪の準備
指輪の知識
サプライズ
知って得する
選び方
結婚準備